So-net無料ブログ作成
検索選択

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 組合せ [U15(2012-2013)]

2012年11月29日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の組合せ抽選会が行われた。神奈川県からは横浜F・マリノスJY、横浜FCJY、川崎フロンターレU-15が関東代表として出場。1回戦は12月23日に行われる。組合せは以下の通り。

千里丘FC(関西③) vs ベガルタ仙台JY(東北①) 13:20k/o 甲賀市水口スポーツの森陸上競技場
アンフィニMAKIFC(北海道②) vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-15(関東⑦) 13:20k/o ビックレイク
四国第2代表(四国②) vs 川崎フロンターレU-15(関東④) 13:20k/o J-GREEN堺(S5)
グランセナ新潟JY(北信越②) vs 大宮アルディージャJY(関東①) 11:00k/o J-GREEN堺(S5)
スプレッド・イーグルFC函館(北海道①) vs FCバイエルンツネイシ(中国②) 11:00k/o J-GREEN堺(S4)
東海大翔洋中等部(東海⑤) vs ロアッソ熊本JY(九州②) 11:00k/o J-GREEN堺(S3)
アルビレックス新潟JY(北信越①) vs ガンバ大阪門真JY(関西⑤) 11:00k/o 甲賀市水口スポーツの森陸上競技場
愛媛FCJY(四国①) vs クマガヤサッカースポーツクラブ(関東⑤) 13:20k/o 布引グリーンスタジアム
清水エスパルスJY(東海②) vs 京都JマルカFC(関西④) 11:00k/o 布引グリーンスタジアム
ガンバ大阪JY(関西①) vs 青森山田中学校(東北②) 11:00k/o ビックレイク
横浜F・マリノスJY(関東②) vs ジュビロSS磐田(東海③) 11:00k/o J-GREEN堺(S2)
サガン鳥栖U-15(九州③) vs 名古屋グランパスU15(東海①) 11:00k/o J-GREEN堺(S1)
サンフレッチェ広島F.CJY(中国①) vs 札幌ジュニアFCユース(北海道③) 13:20k/o J-GREEN堺(S4)
横浜FCJY(関東③) vs JFAアカデミー(東北③) 13:20k/o J-GREEN堺(S3)
大分トリニータU-15(九州①) vs 栃木SCJY(関東⑥) 13:20k/o J-GREEN堺(S2)
ACNジュビロ沼津(東海④) vs ヴィッセル神戸U-15(関西②) 13:20k/o J-GREEN堺(S1)

※四国第2代表は12月9日に決定。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

クリスマス特集【トイザらス】

しつもんメンタルコーチ 藤代圭一「”しつもん”で考えをより明確に」 [その他]

「(メンタルトレーニングを)始めた頃は全然書けない子がほとんどだった。でも今ではこんなに自分の言葉で書けるようになった。」
子供達から手渡された“しつもんメンタルノート”にコメントを書き添えながら、藤代圭一氏は嬉しそうに話してくれた。

藤代圭一、28歳。
フリーランスの“しつもんメンタルコーチ”。
DSC_0040.jpgスポーツで結果を出したい子供達に対して、質問を投げかけそれに答えて貰うことで子供達のやる気を引き出すメンタルトレーニングを行っている。“しつもんメンタルノート”とは、藤代氏が考案し製作したトレーニングの必須アイテムだ。ページを開くとそこには、
「この練習が終った後どんな状態になってたら最高?」
「その最高の状態にするには何をしたらいいと思う?」
などの質問が並んでおり、子供達は自分の言葉で答えを書き入れる事により、自らの行動を明確にしていくというものである。有名サッカー選手の写真が貼付けてあるもの、目標が大きな文字で刻まれているもの、色とりどりの表紙には子供達の夢がたくさん詰まっており、そして藤代氏が行っているトレーニングが子供達に受け入れられている事が容易に見て取れた。

藤代氏は神奈川県厚木市を本拠地に活動している少年サッカーチーム「南毛利FC」の4年生チームに、メンタルコーチとして今年の6月から指導を行っている。同チームは月に1〜2回、通常のサッカートレーニングとは別にメンタルトレーニングの時間を設けている。そしてこの日、藤代氏が同チームの試合に初めて帯同するという事で取材した。

2012年11月24日、寒雨降りしきる会場は神奈川県秦野市「おおね公園」。全8チームを2ブロックに分けて順位を競う招待試合に南毛利FCU-10は招かれた。藤代氏は朝からチームに帯同。元々サッカー経験者であり自らもスクールコーチの経験がある藤代氏はボール捌きも軽やかだ。

メンタルトレーニングは、ここからここまでがトレーニングという枠組みがない。藤代氏は試合の合間には必ず選手に寄り添い、試合の感想や次の試合に向けて何が必要かといったコミュニケーションを図り、選手のメンタルをケアしていた。ただ1度だけチーム全体で行ったトレーニングが2試合目と3試合目の合間を使って行ったチームビルディング。「チームとして戦えていない」そう感じたからこそ選んだワークだ。

DSC_0030.jpg選手全員を縦に整列させボールを後ろの人に投げてキャッチするというもの。ルールは3つ。

 1.全員同時に投げる
 2.後ろを見てはいけない
 3.落としてはいけない

簡単なようで全員の気持ちが揃わなければなかなか成功はしないゲームだ。ゲーム前には選手達が2人1組に分かれてどうしたら成功出来るか話し合いの時間を持たせ、そして全員の前で意見発表をさせた。ここで印象的だったのは選手達が積極的に発言をする事だ。しかもなんの躊躇いもなく。そして、相手の意見をしっかり聞く姿勢がある事。なんと相手が意見を言い終わった直後に「いいね!」と言って拍手をしていたのだ。特に藤代氏が指示をした訳でもない。普段のトレーニングからこういう雰囲気が培われており、この雰囲気であればどんな事を発言しても否定される事はないという安心感があり、自分の意見をはっきりアウトプットする事が出来るのだろう。

こういう記憶はないだろうか。
「これを言ったら周りの人間はどう思うだろう。お父さんは、お母さんは、コーチは、チームメイトは、同僚は、上司はどう思うだろう。この意見を言っていいものか。」
自分の意見を言う事をためらった事が筆者は何度もある。
しかし、南毛利FCの選手達の間にそういった雰囲気は感じられなかった。

結局ワークは一度も成功はしなかった。しかし、ワークは単なる手段であり、目的は別にある。藤代氏から投げかけられた
「なんでこのゲームをやったか分かる? このゲームで何を学んだ?」
という質問に対しある選手から、
「みんなで協力する事がいかに大事か分かった。」
との回答があった。要はチームスポーツ。全員が同じ目的に向かって気持ちを合わせなければ勝利は無いという事をこのゲームを通じて伝えたかったのである。
「もっとチームで戦って欲しいからこのゲームをやった。皆で力を合わせて欲しいから。」
藤代氏の想いは選手達に伝わったのではないか。

DSC_0002.jpg試合は4戦全敗。結果としては良いものではなかった。まだまだ手探り状態。そして発展途上だ。そんなに簡単に結果は出ない。しかし、藤代氏は言う。
「(子供達は)ものすごく変わったと思う。メンタルコーチとして選手と対峙し始めた直後に比べてすごく成長したと思う。まず人の話を聞けるようになった。それと人のせいにしなくなった。」
“しつもんメンタルノート”に関しても同様だ。
「最初は設定されている質問にほとんどの子供が回答を書く事が出来なかった。でも、今では自分の言葉でスラスラ書けるようになった。」
メンタルコーチとして子供達と関わり始めて約半年だが、子供達の成長は明らかに見て取れるという。

メンタルトレーニングや“しつもんメンタルノート”はあくまでも手段であり目的ではない。子供達にとって何が一番大切か。それは、
「子供達が自らの考えを明確にし、それをアウトプットする事。その為には、子供達が導きだしたその意見を否定するのではなく、周りがしっかりと聞く事が出来る環境を作り出す事が最も大事なのではないか。」藤代氏と子供達の新たな挑戦は続く。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

価格.com ブロードバンド

全国大会出場チーム決定!〜高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 ブロック決勝結果 [U15(2012-2013)]

2012年11月18日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会のブロック決勝が行われ、AブロックはクマガヤSC、Bブロックは栃木SCJY、Cブロックはジェフユナイテッド市原・千葉U-15が勝利し全国大会への切符を手にした。神奈川県勢として唯一ブロック決勝へ駒を進めた横浜F・マリノスJY追浜は栃木SCJYに0-2と敗れ、全国大会への夢を断たれた。
これで関東から全国へ挑む7チームが決定した。第1代表〜第4代表は、関東リーグ1部所属で上位4チームの大宮アルディージャJY(関東リーグ1位)、横浜F・マリノスJY(関東リーグ2位)、横浜FCJY(関東リーグ3位)、川崎フロンターレU-15(関東リーグ4位)が名を連ね、第5代表〜第7代表は、関東大会を勝ち上がったクマガヤSC、栃木SCJY、ジェフユナイテッド市原・千葉U-15となった。

【Aブロック】
クマガヤSC 0 vs 0(4 PK 1) 鹿島アントラーズつくば

【Bブロック】
栃木SC JY 2 vs 0 横浜F・マリノスJY追浜 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY 0 vs 1 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15

【高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東地区代表】
第1代表 大宮アルディージャJY
第2代表 横浜F・マリノスJY
第3代表 横浜FCJY
第4代表 川崎フロンターレU-15
第5代表 クマガヤSC
第6代表 栃木SCJY
第7代表 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村




高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 準決勝結果 [U15(2012-2013)]

2012年11月17日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会の準決勝が行われた。神奈川県勢では横浜F・マリノスJY追浜がブロック決勝へ進出し、湘南ベルマーレJY、大豆戸FCJYは惜しくも準決勝で敗退した。

【Aブロック】
大豆戸FCJY 0 vs 1 クマガヤSC
鹿島アントラーズFCJY 1 vs 2 鹿島アントラーズつくば

【Bブロック】
三菱養和SC巣鴨JY 1 vs 2 栃木SC JY
ヴァンフォーレ甲府JY 0 vs 1 横浜F・マリノスJY追浜 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY 4 vs 0 湘南ベルマーレJY
柏レイソルアライアンスアカデミーTOR'82 1 vs 5 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

価格.com ブロードバンド

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 準決勝対戦カード [U15(2012-2013)]

2012年11月17日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会の準決勝が行われる。神奈川県勢は大豆戸FCJY、横浜F・マリノスJY追浜、湘南ベルマーレJYの3チームが決勝進出を目指して登場する。

【Aブロック】
大豆戸FCJY vs クマガヤSC 11:00k/o つくばAC
鹿島アントラーズFCJY vs 鹿島アントラーズつくば 13:30k/o つくばAC

【Bブロック】
三菱養和SC巣鴨JY vs 栃木SC JY 11:00k/o セキショウチャレンジスタジアム
ヴァンフォーレ甲府JY vs 横浜F・マリノスJY追浜 13:30k/o セキショウチャレンジスタジアム 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY vs 湘南ベルマーレJY 11:00k/o 秋葉の森総合公園サッカー場
柏レイソルアライアンスアカデミーTOR'82 vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-15 13:30k/o 秋葉の森総合公園サッカー場

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

デル株式会社

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 2回戦結果 [U15(2012-2013)]

2012年11月11日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会の2回戦が各地で行われた。湘南ベルマーレJY、横浜F・マリノスJY追浜、大豆戸FCJYの神奈川県勢3チームは揃って勝利し、ブロック準決勝へ駒を進めた。

【Aブロック】
前橋エコー 3 vs 6 大豆戸FCJY 10:00k/o 押原公園B
クマガヤSC 6 vs 1 前橋FC 11:00k/o しんとう総合運動公園
鹿島アントラーズFCJY 3 vs 2 HANフットボールクラブ 11:00k/o 東総運動場
鹿島アントラーズつくば 1 vs 0 FC東京U-15深川 11:00k/o 味の素スタジアム西

【Bブロック】
三菱養和SC巣鴨JY 2 vs 1 Uスポーツクラブ 13:30k/o 味の素スタジアム西
栃木SC JY 4 vs 0 FC古河JY 11:00k/o 栃木県総合運動公園A
FCラルクヴェール千葉 2 vs 3 ヴァンフォーレ甲府JY 12:30k/o 押原公園B
横浜F・マリノスJY追浜 4 vs 1 柏レイソルU-15 15:10k/o 馬入ふれあい公園 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY 2 vs 1 横河武蔵野フットボールクラブ 13:30k/o しんとう総合運動公園
湘南ベルマーレJY 2 vs 1 GRANDE FC 13:30k/o 馬入ふれあい公園
柏レイソルアライアンスアカデミーTOR'82 5 vs 3 ヴェルディSS小山 13:30k/o 栃木県総合運動公園C
FC多摩JY 0 vs 1 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15 13:30k/o 東総運動場

大会公式HP

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

クリスマス特集【トイザらス】

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 1回戦結果 [U15(2012-2013)]

2012年11月10日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会1回戦が行われた。神奈川県代表の湘南ベルマーレJY、横浜F・マリノスJY追浜、大豆戸FCJYの3チームが勝利し2回戦へ駒を進めた。

【Aブロック】
鹿島アントラーズノルテ 0 vs 3 前橋エコー 11:00k/o 押原公園B
フォルトゥナSC 3 vs 3(2 PK 4) 大豆戸FCJY 11:00k/o 押原公園A
クマガヤSC 2 vs 0 三井千葉SC 11:00k/o 大湖総合運動公園
TOKYU S Reyes FC 1 vs 2(延長) 前橋FC 13:30k/o 大湖総合運動公園
鹿島アントラーズFCJY 4 vs 1 FC KASUKABE 11:00k/o 市原スポレクD
HANフットボールクラブ 4 vs 0 WINGS U-15 13:30k/o 市原スポレクD
鹿島アントラーズつくば 3 vs 0 tonan sc 群馬 13:30k/o 味の素スタジアム西
ミナトSC 0 vs 3 FC東京U-15深川 11:00k/o 味の素スタジアム西

【Bブロック】
三菱養和SC巣鴨JY 3 vs 2 町田JFCJY 11:00k/o 駒沢オリンピック公園補助
Uスポーツクラブ 5 vs 2(延長) FCリベルタ 13:30k/o 駒沢オリンピック公園補助
AZ'86東京青梅 1 vs 2 栃木SC JY 11:00k/o 栃木県総合運動公園A
ウエストサイド境SC 0 vs 1 FC古河JY 11:00k/o 栃木県総合運動公園C
東京ヴェルディJY 4 vs 5 FCラルクヴェール千葉 13:30k/o 押原公園B
YSCC 0 vs 3 ヴァンフォーレ甲府JY 13:30k/o 押原公園A
横浜F・マリノスJY追浜 2 vs 0 VIVAIO船橋SC 13:00k/o 日産追浜総合グラウンド
FC栃木SC 0 vs 6 柏レイソルU-15 15:00k/o 日産追浜総合グラウンド 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY 2 vs 1 前橋JY 11:00k/o しんとう総合運動公園
神栖第二中学校 0 vs 4 横河武蔵野フットボールクラブ 13:30k/o しんとう総合運動公園
湘南ベルマーレJY 4 vs 0 AS栃木ボン・ディ・ボーラ大田原 13:00k/o 横浜スポーツマンクラブ
成立ゼブラフットボールクラブ 1 vs 4 GRANDE FC 15:00k/o 横浜スポーツマンクラブ
柏レイソルアライアンスアカデミーTOR'82 5 vs 0 FC厚木JY DREAMS 13:30k/o 栃木県総合運動公園A
プレジールスポーツクラブ入間 0 vs 2 ヴェルディSS小山 13:30k/o 栃木県総合運動公園C
NPO法人ワセダクラブForza'02 0 vs 0(6 PK 7) FC多摩JY 13:30k/o 東総運動場
フットボールクラブ深谷 1 vs 2 ジェフユナイテッド市原・千葉U-15 11:00k/o 東総運動場

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

デル株式会社

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 組合せ [U15(2012-2013)]

2012年11月10日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会がスタートする。勝ち抜いた3チームが全国大会の切符を手にする。神奈川県からは、関東リーグ枠の横浜F・マリノスJY追浜、湘南ベルマーレJYと、神奈川県予選を勝ち抜いた大豆戸FCJY、TOKYU S Reyes FC、YSCC、FC厚木DREAMSの合計6チームが出場。以下、1回戦組合せ。

【Aブロック】
鹿島アントラーズノルテ vs 前橋エコー 11:00k/o 押原公園B
フォルトゥナSC vs 大豆戸FCJY 11:00k/o 押原公園A
クマガヤSC vs 三井千葉SC 11:00k/o 大湖総合運動公園
TOKYU S Reyes FC vs 前橋FC 13:30k/o 大湖総合運動公園
鹿島アントラーズFCJY vs FC KASUKABE 11:00k/o 市原スポレクD
HANフットボールクラブ vs WINGS U-15 13:30k/o 市原スポレクD
鹿島アントラーズつくば vs tonan sc 群馬 13:30k/o 味の素スタジアム西
ミナトSC vs FC東京U-15深川 11:00k/o 味の素スタジアム西

【Bブロック】
三菱養和SC巣鴨JY vs 町田JFCJY 11:00k/o 駒沢オリンピック公園補助
Uスポーツクラブ vs FCリベルタ 13:30k/o 駒沢オリンピック公園補助
AZ'86東京青梅 vs 栃木SC JY 11:00k/o 栃木県総合運動公園A
ウエストサイド境SC vs FC古河JY 11:00k/o 栃木県総合運動公園C
東京ヴェルディJY vs FCラルクヴェール千葉 13:30k/o 押原公園B
YSCC vs ヴァンフォーレ甲府JY 13:30k/o 押原公園A
横浜F・マリノスJY追浜 vs VIVAIO船橋SC 13:00k/o 日産追浜総合グラウンド
FC栃木SC vs 柏レイソルU-15 15:00k/o 日産追浜総合グラウンド 

【Cブロック】
浦和レッドダイヤモンズJY vs 前橋JY 11:00k/o しんとう総合運動公園
神栖第二中学校 vs 横河武蔵野フットボールクラブ 13:30k/o しんとう総合運動公園
湘南ベルマーレJY vs AS栃木ボン・ディ・ボーラ大田原 13:00k/o 横浜スポーツマンクラブ
成立ゼブラフットボールクラブ vs GRANDE FC 15:00k/o 横浜スポーツマンクラブ
柏レイソルアライアンスアカデミーTOR'82 vs FC厚木JY DREAMS 13:30k/o 栃木県総合運動公園A
プレジールスポーツクラブ入間 vs ヴェルディSS小山 13:30k/o 栃木県総合運動公園C
NPO法人ワセダクラブForza'02 vs FC多摩JY 13:30k/o 東総運動場
フットボールクラブ深谷 vs ジェフユナイテッド市原・千葉U-15 11:00k/o 東総運動場

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

クリスマス特集【トイザらス】

高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会要項 [U15(2012-2013)]

2012年11月10日、高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会が開幕する。以下大会要項。

1.主旨
関東サッカー協会は,日本サッカー界の将来を担うユース(U-15)の少年達のサッカー技能の向上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、登録種別第3種加盟登録団体(チーム)の全てが参加できる大会として、全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会を実施する。
2.名称
高円宮杯第24回全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会
3.主催
(公財)日本サッカー協会,関東サッカー協会
4.主管
関東サッカー協会第3種委員会
5.後援
東京都教育委員会、神奈川県教育委員会、埼玉県教育委員会、千葉県教育委員会、茨城県教育委員会、栃木県教育委員会、群馬県教育委員会、山梨県教育委員会
6.協賛
(株)モルテン・(株)ミカサ(予定)
7.期日
平成24年11月10日(土) 11日(日) 17日(土) 18日(日)
8.会場
群馬県 しんとう総合運動公園・大胡総合運動公園
神奈川県 日産追浜グラウンド・横浜スポーツマンクラブ
東京都  駒沢オリンピック公園補助・味の素スタジアム西
千葉県  東総運動場・市原スポレクパークD
埼玉県 熊谷文化スポーツ公園メイン・同 補助
山梨県  押原公園(天然芝グランド)・同 (人工芝グランド)
栃木県  栃木県総合運動公園A・同 C
茨城県  セキショウチャレンジスタジアム・鹿島アントラーズつくばアカデミーセンター
9.参加チーム
今年度は全国大会に出場枠が7あり、そのうち関東リーグ1部上位4チームに全国大会への出場権を与えるため,関東リーグ5位以下の20チームと各都県予選にて出場権を獲得した28チームの計48チームとする。関東大会に出場できる都県枠は、その年の全国大会に出場できる関東枠によって変動する。本年度の出場数は下記の通りとする。
・関東リーグ1部(8)・2部(12) 計20チーム
・都県代表枠数・東京(4)・神奈川(4)・埼玉(5)・千葉(4)・茨城(3)・栃木 (3)・群馬(3)・山梨(2)  計28チーム
10.参加資格
(1)(財)日本サッカー協会に平成24年5月31日までに第3種または女子登録したチームもしくは準加盟チームであること。
(2)①第1項のチームに平成24年5月31日までに登録された選手であること。ただし、一家転住等の理由により、上記期限以降に移籍または追加登録した選手が大会参加を希望する場合、当該都県サッカー協会第3種委員会および当該地域担当の全日本ユース(U-15)実施委員が別途了承した場合に限り、大会参加を認める。
②(財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一クラブ内の別のチームに所属する選手を移籍手続きすることなく本大会に参加させることができる。この場合、同一クラブ内のチームであれば、複数のチームから選手を参加させることも可能とする。尚、本項適用対象となる選手の年齢は4種年代とし、第3種及びそれ以外の年代の選手は適用対象外とする。
(3)5月31日までに登録を済ませた選手のうち、今大会の予選にメンバー入り(サブも含む)しなければ8月31日までに他チームへ移籍し参加することができる。但し、一家転住の場合は、現行通り、前地域で予選に出場した場合も転住先の新しいチームにて出場することができる。
(4)選手数が不足している同種別の複数チームによる「合同チーム」の大会参加については、次の条件を満たしている場合においてのみ認めることとする。ただし11名以上の選手を有するチーム同士の合同は不可とする。
①合同するチームおよびその選手は、それぞれ(1)及び(2)の①を満たしていること。
②極端な勝利至上主義を目的とする合同ではないこと。
③大会参加申し込みの手続きは,それぞれのチーム代表者が合議の上,代表チームが行うこと。
④合同チームとしての参加を当該都県サッカー協会第3種委員会が別途了承すること。
⑤リーグ戦で同一チーム内の2チームが関東1部と2部や関東2部と都県リーグなどの参加は認めているが、高円宮杯でのエントリーは1チームとする。
⑥リーグ戦に出場しているセカンドチームは、高円宮杯予選には参加出来ないが、ファーストチームの登録には入る事が出来る。
11. 競技方法
(1)48チームを16チームずつ3ブロックに分けてノックアウト方式のトーナメント戦を行い、それぞれの1位が全国大会出場の権利を得る。
(2)試合時間は80分(40分ハーフ)とする。また,ハーフタイムのインターバル(前半終了から後半開始まで)は原則として10分間とする。規定の時間内に勝負が決しない場合、20 分(10 分ハーフ)の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティキック方式により勝敗を決定する。
12.競技規則
(1)(財)日本サッカー協会制定の「2012/2013サッカー競技規則」による。(新ルール適用)
(2)大会参加申し込みした最大30名の選手のうち、各試合の登録選手は最大30名とする。
(3)交代に関しては、登録した19名の交代要員の中から7名までの交代が認められる。(交代の全ての機会に交代用紙を使用する。)
(4)本大会において退場を命じられた選手は次の1試合に出場できない。違反行為の内容によっては、それ以降の処置を大会規律・フェアプレー委員会において決定する。
(5)本大会期間中に警告を2回受けた選手は次の1試合に出場できない。
(6)テクニカルエリアを使用する。テクニカルエリアはベンチ入りのチームスタッフの全てが戦術的な指示を出せる場であるが,指示を出せるスタッフはその都度1名のみとする。
13.参加申込
(1)参加申込書に登録し得る人数は、スタッフ5名、選手30名とする。及び(2)参加申込の手続きは、所定の申込用紙に必要事項を記入し、監督会議の際に提出する。監督会議 尚,監督会議以降の登録変更は認めない。
14.ユニフォーム
(1)ユニフォームは(財)日本サッカー協会に登録されたものを原則とし、参加申込書を受理した後の変更は認めない。なお、背番号についても同様とする。
(2)ニフォームの広告表示については、(財)日本サッカー協会『ユニフォーム規定』に基づき、(財)日本サッカー協会資格委員会において承認された場合のみこれを認める。
ただし、日本中学校体育連盟加盟チームは、日本中学校体育連盟の規定によりこれを認めない。
(3)ユニフォーム(シャツ・パンツ・ストッキング)は正の他に副として、正と異なる色のユニフ
ォームを参加申込書に記載し、必ず携行すること。GKに関しても同様である。
(4)審判が通常着用する審判服(黒)と同一または類似のシャツを着用することはできない。ゴールキーパーについても同様である。(「JFAユニフォーム規定」より) (尚,本大会においては黒・紺はこれを認めない)
(5)シャツの前面・背面には必ず、参加申込書に登録された選手固有の番号をつける。大きさは縦25cm程度、横はこれに比例した適当な大きさで、番号は見やすいものとする。
15.その他
(1)記録をより正確なものにするため、パンツに縦10cm程度の番号(背番号・胸番号と同一のもの)をつけることが望ましい。
(2)大会規定に違反、またはその他不都合があった時は、そのチームの出場を停止する。
(3)参加申込書のポジションについては、必ずGK、DF、MF、FWと記入すること。
(4)ベンチ入りできる人数は登録されたスタッフ5名、選手30名の35名を上限とする。(スタッフは大会当日にメンバー表に記載された者とする。)尚、上記35名以外はピッチレベルに入ることはできない。
(5)選手は選手登録証(写真の添付されたもの)を持参し、試合開始前に本部がメンバー表と照合する。また、用具チェックの際にも、審判員が照合を行う。不携帯の選手は当該試合への出場を認めない。
(6)会場では担当者の指示に従い,サッカー関係者としてのマナーを十分心がける。
(7)大会実施委員会内に規律・フェアプレー委員会を組織し,委員長は大会委員長が兼任する。規律・フェアプレー委員の人選については委員長に一任する。
(8)各試合の70分前にマッチコーディネーションミーティングを開催する。その際、メンバー表の提出(6部)、両チームのユニフォームの決定、諸注意事項等の説明を行う。
(9)交代用紙は各チームで準備する。(各都県で使用しているもの)
(10)出場チームは会場における「競技場確認事項」を遵守し、運営委員(担当者)の指示に従って行動すること。
(11)全国大会において関東地域代表の上位 2 チームによる代表決定戦を実施し、JFAプレミアカップ全国大会出場チームを決定する。(カテゴリーはU-14とする)
(12)本大会に関する問い合わせ先は下記の通りとする。
(13)平成24年度第24回より抽選会において、関東リーグ1部、2部別に用意された箇所の抽選をし、各都県の代表チームは残りの箇所の抽選を行う。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

FUJIFILMネットプリントサービス(フジフイルムネットプリントサービス)

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。